Home > ココロの名曲

2017.06.04

フォークソング?

先日、ほでら先輩に「フォークを聞く会」を催していただいて、
だいだらぼっちさんと3人でフォークソングの定義について激論を交わしたせいか、
数年ぶりにファイト!パラノイアに罹患してしまいました。

ここで言うところのフォークソングは、
アコースティックギターの弾き語りがイメージしやすいのですが、
私的解釈では「自己の内面の率直な吐露=魂の声」の要素が重要です。

中島みゆきはデビュー前、拓郎の追っかけでした。
彼女の作った「ファイト!」を聞いた拓郎は
「俺にはこんな歌はもう作れない」と、自分の時代が去ったことを悟ったそうです。

私にとって「ファイト!」は、フォークソングのみならず
日本の楽曲のすべての中にあって
例えれば、宇宙を周る満天の星を従え
北天で孤高に輝く北極星の如き崇高な存在です。

拓郎、槇原、福山など多くのミュージシャンのカバーがYOU TUBEにアップされていて、
重篤なパラノイア病状の私はそれらを聴きまくっていますが、
その中の竹原ピストルに撃たれてしまいました。

加川良は、フォークシンガーと呼ばれることを心底嫌っていました。
でも私にとっては現役最高のフォークシンガー「魂の声」でした。
4月に良さんが突然他界して、心にぽっかり穴が開いたようでしたが
これからは竹原ピストルが私の聞く魂の声になりそうです。

  ♪ファイト! 戦う君の歌を 戦わない奴らが笑うだろう
   ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼっていけ

by 転がる石

 

 

余談…

スランプに陥った拓郎は、中島みゆきに曲作りを依頼しました。
彼女が拓郎に書いた曲は「永遠の嘘をついてくれ」
中島みゆきがマイヒーローに捧げた曲です。

二人は一時期、恋仲だったという噂があります。
間違いなく根も葉もないゴシップです。
でも、そんなことがあったとしてもいいじゃないかという歳になっています。

2006年9月、つま恋の拓郎&かぐや姫コンサートにシークレットゲストで
中島みゆきが登場して「永遠の嘘をついてくれ」をデュエットしました。

  ♪君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでも種明かしをしないでくれ
   永遠の嘘をついてくれ なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ

何もかもあからさまにしなければ気が済まないようなヒステリックなマスコミは、
人間の情緒を壊す罪を犯しているように思えてなりません。
種明かしをしないことが「愛」ということのほうが多い気がします。

2016.06.03

終わりのない歌を

前回のブログ当番で「500miles」を取り上げました。

ふと思いついた一つの歌に数日、場合によっては数週間とらわれてしまいます。
YouTubeで見つけた(自分にとって)新しい歌のこともありますが、
ほとんどは知っている歌を思い出してだとか、
オリジナルとは違うミュージシャンで、だとかです。

インターネットのおかげで、いろいろな歌やその周辺のことを知ることができます。

「500miles」の前にとらわれていたのは「コーヒーブルース」。
フォークソング草創期の高田渡さんの曲ですが、
YouTubeで見つけた、坂崎幸之助・なぎら健壱の両巨匠に
辻香織さんという無名(失礼)のミュージシャンが参加して歌うこの歌で
彼女のコケティッシュボイスに魅せられて、結局CDも買いました。

この歌に出てくる「三条堺町のイノダっていうコーヒー屋」は
まだ営業しているらしいので、ぜひ一度コーヒーを飲みに行きたいと思います。

その前は「竹田の子守唄」の原曲でした。
40年ほど前に、フォークソンググループの赤い鳥の歌で世に知られましたが
その後マスメディアで流されることはほとんど無くなりました。
赤い鳥バージョンは洗練された楽曲になっていますが
原曲は京都市の一部、いわゆる被差別部落で歌われていた子守唄だったことから、
同和問題に絡んで、腫物のように扱われたようです。

 盆が来たて 正月が来たとて 難儀な親持ちゃ 嬉しない
 どしたいこーえー きこえたーかー

歌は歌として楽しみ、歴史は歴史として直視しなければと思います。

「500miles」の後は「都ぞ弥生」
北海道大学恵迪寮の寮歌で「磯の香薫れる」の元歌です。
で、YouTubeで北海道大学で歌われているところなど視聴して
関連して大学の応援団の動画など検索。
母校の神宮での応援の様子から、大学生当時
全国大学野球大会で近畿大学との試合を見たときに
近大応援団が哀愁を帯びた曲に素晴らしい振付で応援をしていたのを思い出して、
検索して30年ぶりに判明しました。

「近大節」でした。
興味のある人は見てみてね。

その後は吉田拓郎の名曲「流星」のカバーで
横田良子さんなる人の歌唱。ステージのリハーサルがUPされています。
音大卒だそうですが激ウマで感激。
数ある「流星」の中でも私的に一番。

残念ながらCDはメジャーでは販売されていないようなので
いつか機会があれば彼女のライブを聴きに行きたいと思っています。
で、もし可能だったらみなとフェスティバルに出演交渉もしたいものです。

それで今は、川村かおりさんの「金色のライオン」
昨年だったか、岡林信康の「金色のライオン」を聴きたくなって検索してみたら
同じタイトルで違う曲の、川村さんのこの歌を見つけてすっかり虜になりました。

川村かおりは15歳で「ZOO」でデビューしました。
「ZOO」は菅野美穂バージョンが有名ですが、
中山美穂の夫だった辻仁成の作品で、辻のバンドECHOESでも発表されています。
元々、川村かおりのために提供された作品です。
デビュー当時は辻仁成が楽曲を提供していたようですが、
その後は「翼が折れたエンジェル」などが有名な高橋研が手掛けるようになって、
「金色のライオン」も高橋研の作品です。

デビュー同時「すっごいきれいな娘が出てきたな」と思ったものですが
ロシア系ハーフなんだと、今になって知りました。

乳ガンに侵されて2009年に38歳の若さでこの世を去りました。
7月で亡くなってから丸7年になります。

 僕たちみんなヒッピーだった 魂が泣きそうな夜は
 君のギターに合わせ歌った 終わりのない夢を
 終わりのない歌を

鎮魂の歌を口ずさむ今日この頃です。
yjimage[3]

byガンダルフ

2016.05.16

最近思うこと

IMG_0487

地震、雷、火事、人間、だと、つくづく思う。

BY・こーちゃん

 

 

2016.05.06

500miles

image[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

福山主演の月9「ラヴソング」の視聴率が芳しくないらしいですね。

そのドラマの中でヒロインが「500マイル」を歌っているんだそうです。

 

私はTVドラマとは無縁ですが「500マイル」は知っています。

1960年代に活躍したフォークグループPPM(ピーター、ポール&マリー)の

バージョンが有名なアメリカのスタンダードナンバーで、

知らなかったけど忌野清志郎さんが日本語の詞を作って歌っていて

ドラマではその歌詞で歌われているそうです。

 

原曲は、アメリカの大不況時代に、貧しさから故郷を棄てた

「ホーボー」と呼ばれた放浪者たちを歌ったと言われています。

 

If you miss the train I’m on

You will know that I am gone

You can hear the whistle blow

a hundred miles

 

君が僕の乗った汽車に乗り遅れたら

君は僕が出て行ってしまったことに気づくだろうね

100マイルも離れたところから

汽笛の音だけが聞こえるはずさ

 

恋人に一緒にきてもらいたいけど、暮らしていく何のあてもないから

別れも告げずに若者は、朝早く一人で貨物列車に飛び乗って故郷を後にした…

 

ブログ検索をしていたら、そんなストーリーを思い描いている人もいました。

 

「移民の国」アメリカは、大いなる夢と、同じくらいの大きな悲しみが礎となって

今の超大国を築き上げました。

 

自分で身を守る独立心と、成功者のステータスの側面を考えれば

蔓延する銃も、簡単に規制できるようなものではないのでしょう。

 

成功者の一人らしいトランプ氏が、共和党の大統領候補確実です。

激しく移民規制を訴えて支持を取り付けたようですが

「移民の国、自由の国」が新しいステージに向かうのか、

それとも超大国の地位からの転落の兆しなのか。

 

もっとも「ホワイトハウスの次の主は誰になると思いますか?」と問われて

「彼女が誰になるのか私にはわからない」と

オバマ現大統領はコメントしたそうですけど。

 

byガンダルフ

2013.12.20

クリスマス・ソング

山下達朗の「クリスマス・イヴ」やワムの「ラスト・クリスマス」、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」...
クリスマスも近づいてきてラジオやテレビからイロイロなクリスマスソングが流れてくるけど、オレ的には佐野元春の「Christmas Time In Blue ~聖なる夜に口笛吹いて」がいちばんスキだなぁ。

Christmas Time In Blue

コノ曲聴いてるとなんかホッとするなぁ。

曲がレゲエ調だからか、歌詞のせいか、ガラにもなく世界平和を願ってしまいます。

メリー・メリー・クリスマス
Tonight’s gonna be alright...

by ストラパン

2013.11.30

忘年会シーズン

祭も終わり、後は数回の忘年会をお終えれば、今年も終わりです。

 

「ネタがない・・・」と思っていて、少し前の飲み会から帰ってきた夜、TVつけたら

 

小林克也の「ベストヒットUSA」やってました。

 

久しぶりに見たのですが、マイケル・ジャクソンの「saysaysay」のPVが流れてました。

 

ポール・マッカートニーとの共演です。今見てもかっこいいPVだと思いました。

 

ポールもついこの前、十数年ぶりの来日!?だったし(「wings」来日の切ない思いでの方もいそうですが…」)タイムリーかな?

 

ポールの奥さんのリンダと、マイケルの姉のラトーヤも出演してます。

 

56692236_mb

 

 

 

 

 

 

ジャケットはいまいちなので、YouTube のPVを観てください。↓

 

http://www.youtube.com/watch?v=uVpnng-rK1U

 

 

byバーバリアン1号

 

 

 

2013.08.30

天使の誘惑

当店にとっては最繁忙期のお盆休み期間に、従兄弟の息子をちょっとバイトで使いました。

 

「ひいじいさんが間島で海の家をやっていたのを知ってるか?」

 

「わかりません」

 

「そりゃそうだ。生まれるずっと前のことだからな。」

 

「間島ってどこですか?」

 

「岩ケ崎、大月、野潟、その次が間島さ。」

 

「岩ケ崎?」

 

「三面川の向こうの…」

 

「そっちの方はわかりませんね」

 

今の20代はそんなもんか?

 

「今でこそ山を削って立派な舗装道路だけど、じいさんが海の家をやってた頃は、

 滝の前を通って砂利道のくねくねの上り坂を行ったもんだ。45年も前のことだ。

 左官のじいさんの代わりにばあさんが大将になって、親類の嫁連中を手伝いに

 トラックの荷台に商品やら人間やらみんな乗せて、朝の6時頃から出掛けたもんさ。

 うちは夏で店が忙しくて、子どもの俺がじゃまなもんだから、

 朝早く起こされて、そのトラックの荷台に載せられるのさ。

 親類ばかりだけど、みんな忙しいから、一日の仕事が終わってまたトラックで帰るまで、

 一人で海で遊ぶしかないのさ。昼にはおにぎりぐらいもらったのかな。

 儲かったかどうかはわからんが、当時そんなことをやってみたじいさんは偉かったな。」

 

世間知らずの若者に、昔の人の苦労話を聞かせて得意になっていたわけです。

 

 

一人で海で遊んでいたら、今でいうところのギャル二人組に話しかけられまして

 「僕、一人なの?」

「どこから来たの?」

 そんな会話くらいしか覚えていませんが、

お姉さんたちの胸の谷間は、強烈な印象で残っています。

 

もちろんそんな思い出話は、今の若者にはしていませんが。

 

BGMには黛ジュンの「天使の誘惑」が流れていました。

image[2] 

1968年のレコード大賞ですから、私が8歳の夏の思い出です。

 

by ガンダルフ

2013.08.29

青春の歌

朝晩、急に涼しくなりましたね。 今年はあっという間に夏が終わった感じがします。

 

これからの季節にピッタリのCDを買いました。

BOXの名前は「青春の歌」! 12枚組!

たまに新聞に載ってる、あの通販のCDです。(発売元はユーキャン。うちのカミさんが買いました。)

青春の歌

知らない歌手もいるし、そんなに好きでもない歌手も入ってるので、あんまり期待してませんでした。

が、

これ、結構いいです。

 

あらためて感じたことは、とにかくみんな歌がうまい! ということ。

陽水や、拓郎や、かぐや姫や、グレープあたりの大御所はもちろんのこと、

ペドロ&カプリシャス(高橋真梨子)、五輪真弓、小坂明子、Hi-Fi Set ……。

BUZZの「ケンとメリー~愛と風のように」はもう涙無しでは聴けませんでした。

 

そして歌詞がはっきりと聞こえる、ということ。

ミスチルの歌でさえ聞き取れないことが多いオレにとっては、まさに天国。

久しぶりに、「歌」を聴いたような気分になりました。(歳なんだろうなぁ…)

そしてこれらの歌は、オレを青春時代に一気に戻してくれました。

歌ってスゴイなぁ、って思った瞬間でもありました。

買ってよかったなぁ~。

 

これでやっと、カラオケのレパートリーが増えそうです。

by BOSS

2013.05.14

プログレつながり

ラー定さんのブログにもあったように、日曜日は「佐渡ロングライド」でした。

毎年、最終のフェリーで帰って来るのですが、客室は疲れ切った人たちが横たわっているので超満員です。

そこからあふれ出た人たちは廊下や外のベンチで寝ています。ものすごい光景。

そこで私たちのグループは食堂に席を陣取って、最後まで飲み食いしながら帰ってきます。

団体ならではの技ですね。おかげで走る前よりも太って帰る人もいるらしいし…(笑)。

 

食堂でいろんな話をしていると、私の携帯を見た人が食いついてきました。

私の携帯ケースはキング・クリムゾンのアルバム・ジャケットなのですが、そこに反応したという訳です。

このケースに反応する人は間違いなくお仲間なので、なかなか役に立つケースです(笑)。

「自転車乗りでプログレ好き」という人は、これで2人目。

しかも同じ自転車屋さんのグループ内に、私も含めて3人もいるとは結構な確率なのではないでしょうか?

おかげで、これからの自転車生活がますます楽しみになりました。

 

プログレつながりで、ついでにもう一つ。

毎週(?)水曜日、BS-TBSで23:00から放送している「SONG TO SOUL~永遠の一曲」という

番組をご存知でしょうか?

実は私も、フェイスブックで知り合った方から教えられて先週初めて見たのですが、なかなかいい番組でした。

先週はYESの「こわれもの」というアルバムから「ラウンド・アバウト」という曲でした。

TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のエンディング・テーマとしても使われているということですから、

もしかしたらYESというバンドを知らなくても、この曲を知ってる人は多いかもしれませんね。

当時のメンバーが語るエピソードは初めて聞く話も多く、とても興味深くて鳥肌ものでした。

7a35d0b28fa0e09fc5a68110.L[1]

明日(水)はステッペン・ウルフの「ワイルドで行こう」だそうです。

往年のロック・ファンはもちろん、映画「イージーライダー」のファンだったら絶対知ってる名曲。

興味がある方はぜひどうぞ。

by BOSS

 

2012.08.07

歌うスーパーモデル~フェイス・ヒル

8月7日、今日は暦の上で立秋でした。立秋とは「初めて秋の気配が現れてくる頃」なのだそうです。(ウィキペディアより)だからなのかここ数日の「あっちぇー天気」も小休止…今日は過ごしやすかったですね。

このところ頭の中でエンドレスにグルグルと鳴っている曲があります。

Faith Hill-“The Way You Love Me”

発売当時、さんざん耳に入ってきたのでいつの間にか刷り込まれてしまいました…未だに音源は持っていませんけど…

もともと彼女はカントリーシンガーですが、この曲はかなりポップ。本国アメリカでは「歌うスーパーモデル」とまで呼ばれるほど知名度抜群なのですが…なぜか日本ではイマイチ知られてないです。(綺麗でカッコよくて歌も上手いのに…)

今日は生き物ネタがなかったので…困った時の音楽ネタでした。

byどぜう

 

Next »