Home > 心の名盤

2016.07.03

スネークマンショーの巻

若いころ流行ってまして・・・
久しぶりに聞きたくなりyoutubeで探したら一発で見つかりました。

その他「ストップ・ザ・ニューウェイブ」「咲坂と桃内の今夜はごちそうさま」「若い山彦」等おもしろいのが色々あります。
みなさまも良かったら聞いてみて下さい。

by ぴ~ひゃら

2015.11.13

本当に出ました!

年末になると、決まって購買意欲をそそられるアイテムが発売されます。
過去3年はキング・クリムゾンでした。
が、今年は違いました。

10月28日にはフランク・ザッパ、11月6日にはビートルズの貴重な映像作品が発売されたのです。

img_bluray

もちろん、私的にはフランク・ザッパでしょう!
「フランク・ザッパ&マザーズ / ロキシー・ザ・ムーヴィー」
もうこれ、本当にスゴイです!

商品の帯のフレーズがまた泣かせてくれます。

ハイブリッド・プログレッシヴ・ファンキー・ロックな1973年ロキシー・シアターのマザーズ。
やっぱりこれは黄金期。ショーから42年、リリース予告から10数年、待望と忘却の繰り返しの末、
「本当に出ました!」。しかもサントラCD付き。全ザッパ・ファン必携の重要作!

気合入ってますね~。

ザッパ・ファンは当たり前ですが、楽器を演奏する人はもっと楽しめるんじゃないかな?
特にドラマーは必見です。
しかも完全日本語字幕付きなのでありがたいです。

ただ困ったことに、12月23日にはこれのデラックス・エディションも発売されます。
こういうの勘弁してほしいなぁ~。いまさらカセット・テープとか要らないし(笑)。

↓で予告編をご覧いただけますので、ぜひ。
http://www.ymm.co.jp/FrankZappa/index.html
by BOSS

2015.08.20

危機(追悼 クリス・スクワイア)

第97回全国高校野球選手権大会も、東海大相模高校の優勝で幕を閉じました。

ずいぶんと涼しくなりましたね。先週までの猛暑がウソのようです。
ようやく落ち着いて音楽を聴くことができそうです。(オレの部屋、暑いんです。)

71XqA14UXLL._SL1050_

今回選んだ一枚はこれ。イエス「危機」(原題”Close to the Edge”)
“超”が付くほどの名盤です!

イエスというバンドは、1969年にデビューして以来、目まぐるしくメンバー交代を繰り返しながら、今も現役で活躍しています。
が、この6月にオリジナル・メンバーのクリス・スクワイア(ベース)が亡くなってしまいました。
バンドの要であった彼が亡き後、はたしてバンドを存続できるのか微妙な状況にあります。

「危機」は1972年リリースの5枚目のアルバム。
A面1曲、B面2曲という大作ながら、緻密な曲構成と揺るぎないテクニックで一気に聴かせます。
圧倒的なスケールで聴く者を飽きさせません。
ビル・ブラフォード(ドラムス)は、このアルバムを最後に、キング・クリムゾンに移籍しました。
歴代最高のメンバーが作った最高傑作だと思います。

今夜はこれを聴きながら、もう少し飲もうっと。

by BOSS

2015.06.26

アングラガルド

欲しいものがあって、

それをずーっと探し続けていると、いつかその願いが叶うこともあるもので…。

オレの場合は主にレコードですが、今までに数回ありました。

 

先日、長い間探していたレコードがようやく手に入りました。

スウェーデンのバンド、Änglagård(アングラガルド)の2ndアルバム。

内容はもちろんですが、ジャケットがまた魅力的。

41ZWRD6KJYL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このレコードは1994年リリースですので、CD全盛期。

当時はアナログ盤はプレス数も少なくなり、風前の灯状態でした。

このレコード盤に針を落とすたび、入手できた奇跡に感謝しています。

by BOSS

2015.04.02

100枚目

今朝パソコンを開いたら、一通のメールが届いてました。
差出人はZappa.com。タイトルは、Dance Me This #100。
ザッパマニアのオレにとっては、天国からのメールみたいなもんです。
以下、全文。

Dear People of Earth,

From the WHEN of Ever, we are pleased to bring you in this 75th year in the Life and Times of Frank Zappa, the 100th Album in the Official Discography, Dance Me This. An extreme case of east meets East, this was originally conceived as a Work for modern dance. It is the last title FZ finished in 1993 along with Trance-Fusion; the last chapter in his Master Work, Civilization, Phase III; and of course, The Rage & The Fury, The Music of Edgard Varese.

xxx,

gz & the barfies

ZPCD170









遂にフランク・ザッパ師の、公式100枚目のアルバムが発売されるようです。
100枚目のアルバムは、何枚組かの記念ボックスセットみたいになるんだろうな~なんて
勝手に思ってましたが、実態は予想に反しての1枚もので、価格は$18.00。
期待はずれの感が否めないものの、金欠モードのオレにとっては安堵感の方が大きかったかな。
それにしても、書き出しのDear People of Earth, ってスバラシイ!

早速、予約しました。
でも、いつ発売になるのかな? いつも忘れた頃に送られてきます(笑)。

ところでオレ、ザッパのアルバムを何枚持ってるんだろ?
これを機に数えてみようかと一瞬思いましたが、面倒くさくなって、やっぱり今日はやめました。
近いうちに時間を見つけて数えてみようと思います。

by BOSS

2015.01.09

ザッパ・コレクション

御大亡き後も、我が家では少しずつ増え続けているフランク・ザッパのレコード。
オフシャルのアルバムも毎年確実に、数枚ずつ発売され続けています。
これって、よく考えると現役の人をはるかに上回るペースなんですよね。
去年の夏には、オフィシャルで通算99枚目のアルバムが発売されました(驚)。
でも最近では新譜は国内発売されなくなり、私は米国のオフィシャル・サイトから通販で買ってます。
直接買う方が、アマゾンやHMVよりもかなり安いですしね。

そんな中、新年早々ヤフー・オークションで、とんでもない代物をゲットしました。
知る人ぞ知る、ZXレーベルの10LPです。
これは「The History And Collected Improvisation – Ten Years On The Road」というBOXの
元になったレコードのばら売り形態のもので、BOXよりも数が少なく非常に珍しいものです。

しかも今回手に入れたものは全部シールド(未開封品)!
実はすでに全部持っていたんですが、「シールド」に惹かれて買いました。
コレクターの悲しい性です。

私の今年の目標は「節約」。
だったのに、年頭からやっちゃいました(涙)。

by BOSS

01

2014.11.12

やりすぎ キング・クリムゾン

毎年のことですが、年末が近づくと結構高額なCDボックスが発売されます。

今年もやってくれました、キング・クリムゾン!
なんと、27枚組!(27枚組BOX仕様 23CD+2DVD+2Blu-Ray) 価格は32,400円。

いったい、これ誰が買うの?
と、つぶやきつつ、私は予約してしまいましたが、なにか?。 11月30日発売。

無題

 

 

 

 

 

 
ジャズでは、ヘレン・メリル!
あの名盤「ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン」のシングル盤3タイトルを
オリジナル・ジャケットの紙ジャケにしてBOX入りで発売するらしい。
12月10日発売で、価格は5,400円。 これは、ちょっと欲しいなぁ。

無題

 

 

 

 

 

 

そういうわけで、12月は倹約しなければなりません。
ま、忙しい時期だし、は○なすへも行かれないので、ちょうどいいかな…。

by BOSS

2013.08.03

唄者

BOSSはビートルズのLPボックスですか。
同じ音源をいくつも持っているのにね。情の深い人だ。

 

雨ばかりの夏で気分が滅入ってしまって、ブルース・スプリングティーンを聞き返していたけど
音が消えるとまた落ち込んで、これは癒し系の方がいいんじゃないかと
注文したCDが今日届きました。515r2EW-V6L._SL500_AA300_[1]

 

 

 

 

両親ともに沖縄三世のペルー人で、今は沖縄で活躍するLucyの「にぬふぁぶし」

515CI7Bp70L._SL500_AA300_[1]

 

 

 

 

 

早くからメジャーデビューが待望されていたという上間綾乃の「唄者」

51K98KD4Y8L._SL500_AA300_[1]

 

 

 

 

 

沖縄・八重山を代表する若手唄者、大島保克の三絃の弾き語り「我が島の唄」

いいっ!
全部いいっ!

スペイン語でも歌われるLucyの「島唄」も
ウチナーグチ(沖縄方言)で歌う上間綾乃の「悲しくてやりきれない」も
そして大島保克の「とぅぱらーま」も…

「トゥパラーマ」、ベエさん激賞の「島人ぬ宝」の歌詞にも出てくる八重山民謡です。
言葉の意味なんかわからなくても、心に染みてきます。

奄美、沖縄では、歌い手を「唄者」(うたじゃ)といいます。
本土の民謡歌手のように、これでもかと美声を張り上げる歌い方ではないですね。
女性の場合は高音と絶妙な節回しが、男性の場合は訥々とした唄の中に、
えもいえわれぬ味わいがあります。
過酷な辺境の運命の中で、何代も歌い継がれてきた魂(ソウル)でしょうか。

 

オールドファンには懐かしいバタヤンこと田端義雄に、「十九の春」というヒット曲があります。
バタヤンバージョンは歌謡曲風になっていますが、元々は沖縄の歌です。

沖縄では代表的なスタンダードナンバーで、恋愛(不倫?)の歌詞がつけられていますが、
さまざまな変遷を経てきた曲で、海の事故で子を失った母の哀しみが原型だと言う説もあります。

THE BOOMもカバーしていて、新しい歌詞をつけています

  ♪私があなたを想う数 山の木の数 星の数 
       三千世界の人の数 千里浜辺の砂の数

   ♪雲の切れ間に満ちる月 あなたはなんて無情なの
    想い願いはいく度無く 会えぬ月日はいく日ぞ

もちろん恋愛の歌詞です。
でもこの歌の辿った運命を知ると、子を思う母の情の深さにも思えてしまいます。

沖縄の唄者に癒されて、わが古里の鎮魂の行事「七夕」を迎えることにします。

by ガンダルフ

2013.08.02

サマーバーゲン

先日、タワーレコードからのメルマガを見て驚きました。

「ビートルズLPボックスが70%オフ!」

マジ???

どうせEU盤と思いきや、まぎれもない日本盤。

昨年の11月に発売されたものの、定価が59,800円もするので諦めていた商品。

欲しかったんだよ~、これ。

59,800円が、70%オフで17,940円!(¥41,860 オフ)

こりゃ、買うしかないでしょ。 迷わず注文しました。

(去年、定価で買った人にはなんだか申し訳ない気分。 よほど売れなかったんですね…。)

 

4日後に届いたその箱は、とても重いものでした。LP16枚組にもなると、やはり重いです。

LPはそれぞれがシールドされていてまだ聴いてませんが、とりあえずブックレットを開封。

ブックレットというよりも「写真集」と言った方がよさそうな豪華本です。

LPサイズで252ページもあって、このためだけでも買う価値ありですネ。

2009年に、リマスターされた音源でステレオとモノのボックスが発売されましたが(あれも良かったけど)、

このLPボックスの音源はそれと同じもの。

CDは手軽でいいけど、やっぱりアナログは魅力的です。ジャケットも大きいし。

在庫が無くなり次第終了らしいので、欲しい人は今すぐ注文しましょう。

http://tower.jp/article/campaign/2013/07/25/01

by BOSS

 

205026721357451F0x9IQpKL._SL500_AA300_

2013.03.24

Let’s begin!

あれから何年経つのだろう?。当時、自分はまだ小学校の高学年くらいだったと思う。
姉の影響で、『 飛び出せ!青春 』というドラマを見ていた。
当時、サッカーが今ほど盛んでない中、太陽学園サッカー部を主題とした学園ドラマだった。

河野先生(村野武範さん)も大好きだったが、ドラマのラストに流れる
『 青春の旅 』という曲も大好きだった。青い三角定規が歌う、『 太陽がくれた季節 』のEPレコードのB面。

 曲も、詞も、今 聴いても鳥肌が立つくらい。

2013032415540000当時、岩中サッカー部の先輩には、名ゴールキーパーのイノケンさん、ストライカーの坂野さんの年代。

その1年先輩には同じく名ゴールキーパーの当摩さん、ニョズさん、岩半さん、津島(シー)さん、斉藤(ア)さん、ウメタさん・・・ほか忘れた。(さっす!)

この年代の先輩は同級生の兄や姉が多く、卒業後も時々遊びに来ては、特にニョズ先輩は楽しい人で我々後輩をいつも笑わせてくれていた。

太陽学園サッカー部に憧れ、優秀な先輩方に憧れ、サッカーを始め、知らずに我が子(3人の内2人)にも影響していったと思うと、このドラマの存在は大きかった。

その後、中村雅俊さん主演の『 我ら!青春 』に引き継がれ、この手の青春ドラマは続いていった。

当時、野球部では名バッテリーのミーさん&久パンさん、ターさん、ヨシタロさん(バスケ?)などなど・・・
たぶん?この年代の先輩方は(部活を問わず)この学園ドラマは見ていたのではないか?と思います。
1950年代後半?~60年代前半の先輩方、『 飛び出せ!青春 』 見ていましたか?  
遠方からでも、このブログを見ていたなら?是非、教えて欲しいっす。m(_ _)m

こーいっつぁ ・ れいじちゃ ・ ずっぺん(先生)のアダ名を付けたのもこの年代の先輩方かも?(笑)

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2FqvJQBCdYU

上 ↑ の動画の左でギター弾いてる先生・・・現岩中の工藤先生(サッカー岩船FC顧問)に似てません?

題名とずれました。・・・ メインはこれっす。 『 Let’s begin! 』 ( ↓ 暫くすると名シーンに切り替わります)

 岩船も暖かくなり、春到来です!。 さぁ!、『 Let’s begin! 』 っすねー!。    by べェ

Next »