Home > 12月, 2012

2012.12.31

明るい未来を!

「昨日は村上市(岩船)に新たな命が誕生したかな?生まれてる(子供が増えてる)といいなー!」
新潟日報の記事で必ず見るのが村上市の「産声」ページ。

地方の人口減少、特に未来を担う子供達の減少は本当に多くの社会問題を抱えています。
小学校や中学校の存続問題、その部活動や町内行事の人員の問題のみならず、
若者や子供の減少は、地域経済や伝統文化にとって本当に大きな大きな大問題です。

15年くらい前でしょうか?仕事の帰り道で偶然こんな神社を見つけたことがありました。

関川村にある「雲母神社」です。(YouTubeにありましたのでUPしました)
春になったら、若いご夫婦や岩船の(自転車)ライダーの皆さんも是非お参りに行ってみて下さい。
丸山大橋からR113沿いに下り、関川森林組合のキノコの看板を左折し、山に向かう坂の途中にあります。

来年の岩船は多くの子宝に恵まれ、明るい未来が来ることを願って本年ラストの投稿を終えます。
では、皆さん 良いお年を・・・(o・・o)/

by べぇ

2012.12.30

筋肉痛の巻

今年も残すところ二日となりましたが、私は最近アンテナ工事ばかりやってたせいか、酷い筋肉痛に悩まされています。
風呂上りにアンメルツやバンテリンを塗るのですが、全く効果がありません。
どなたか良く効く薬剤をご存知でしたら、ぜひご教示下さい。

今年一年間、皆様には大変お世話になりました。
どうぞ良いお年を!!!

by ぴ~ひゃら

2012.12.29

うれしい年の瀬

昨日は仕事納め
帰宅して、はやばやとパジャマに着替え、
だらーと一年を振り返っていたところ
ピンポンと玄関のベルの音。
「佐川急便でーす」と言う声に
(は! 何だろ?しかし、こんな姿では佐川男子に会わんねわ)
と思ったけれど
オバサンなので着替える瞬発力はなく
すかさず「はーい」とドアを開けました(ここが我ながら変)。

彼が持っていたのは
その顔が隠れるほどの大きな段ボール、
デイリーヤマザキが巨人の星とタイアップした
「みんなで燃えろキャンペーン」で当たるお菓子の詰め合わせでした  (^o^)  なんと15個入ってた。
一昨年もデイリーで1000円のギフト券が当たったし、
今年は1回しか応募してないし、なんだか申し訳ない。
調べたら1000名様に当たる景品でした。これって確率高いのか低いのか…。

それでは皆さん、よいお年を。

By がぜん元気になったゲン

2012.12.28

曖昧のススメ

26・27日と所用で東京へ行ってきました。

出発の朝は荒れ模様で、特急いなほは止まってしまい在来線も心許なかったので
息子に新潟駅まで送ってもらいました。

宿泊は村上駅のびゅうで勧められた、TYOのパックでお台場の日航ホテル。
ゆりかもめの駅と直結、レインボーブリッジ越しに東京タワーが見える素敵な部屋でした。
ウォーターフロントにはガラス張りのチャペル。

このチャペルでのウエディングは、さぞかしロマンティックなことでしょう。

2日とも好天に恵まれましたが、気温は今年一番の寒さだということでした。
冷たい風に寄り添う、お台場の若い恋人たちを眺めながら、
なんとなく globe の DEPARTURES を思い浮かべました。

   ♪いつの日から細く 長い道が始まる
    出発の日はなぜか 風が強くて
    やさしさも わがままも 温もりも 寂しさも
    思いやりも 全てを 全部あずけた

    前髪が伸びたね 同じくらいになった
    左利きも慣れたし 風邪も治った

    愛が夢を邪魔する 夢が愛を見つける
    やさしさが 愛を探して
    あなたが私を 選んでくれたから

    どこまでも限りなく 降りつもる雪と
    あなたへの想い
    少しでも伝えたくて 届けたくて そばにいてほしくて…

当時、ヒット曲を連発していた小室哲也は何かのインタビューで
「今は作曲より詞を書く方が楽しくて…」と言っていましたが、
DEPARTURESは世代から遠い私でも、ゾクっとするほどの傑作でした。

今度、機会があったら私たちのKEIKOに歌ってもらうことにします。
(偶然かお台場には DEPARTURESという名前のレストランがオープンしたようです)

ダイバーシティー、アクアシティー、デックスなどの巨大商業施設は、
どれをとってもそのワンフロアーだけで岩船の総生産の何倍も稼ぎ出すだろうし、
ホテル一つの建設資金で岩船の全戸が建てられそうで、
まあ比べること自体がマヌケですけどね。

めざましテレビでたまに見るお台場のビーチが不思議で、早起きして確認してきました。
波や潮で浸食されることも無い、人工的に作った入江の浜なのですね。
完璧に保存されている江戸幕府が築造した台場島やレインボーブリッジ、
このエリアにどれだけの官費が投じられているのでしょうか。
「地方の再建」など、政治家の綺麗ごとに過ぎないと滑稽な思いがしました。

新宿や渋谷とも違う、何一つ陰の無い新しいメガポリス。
対して私らが売りにできるのは、時代から置き去りにされた田舎ならではの、
口伝でしか伝えられていない曖昧な歴史、その一点でしょうね。

年の瀬を迎えて、マスコミでは今年の○大ニュースが取り上げられています。
主要国のリーダーが交代した年ですね。

三代世襲の金正恩
世界一すさまじいと言われる権力闘争を勝ち抜いた習近平
再選されたバラク・オバマ
傀儡メドヴェージェフを経て大統領に復職したウラジーミル・プーチン
激戦を制した韓国初の女性大統領 朴槿恵(パククネ)

いずれも国内世論をバックに強圧的に外交に臨むでしょう。
前回は政権を放り出したプリンスはいかに対応するか?

朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国、アメリカ合衆国、ロシア連邦、大観民国、
なんのことはない、新しい国ばかりじゃないですか。

我が国号は「日 出ずる処の天子いわく」聖徳太子以来の日本。
神秘の国であります。
この曖昧な神秘性こそ、強国・大国に対峙する武器でしょう。

新年は寒波の中で迎えることになりそうですね。

    いつの日から細く 長い道が始まる
    出発の日はなぜか 風が強くて

皆様どうぞご自愛くださいませ。

よいお年を。。

by ガンダルフ

2012.12.27

年間ベストアルバム

今年も残すところ、あと4日。
というのに、今日・明日が出荷のピークです。
「年々注文が遅くなってる」と同業の方が言ってましたが、私もそんな感じがします。
疲労も睡眠不足も今がピークです。

さて、そんなことはともかく。
今年発売された新譜の中で、私が買ったアルバムのベスト5を考えてみました。
①レッド・ツェッペリン 「祭典の日(デラックス・エディション)」
②キング・クリムゾン 「太陽と戦慄コンプリート・レコーディングス15枚組ボックス」
③ポール・マッカートニー 「ラム – モノラル・エディション」
④プロデューサーズ 「メイド・イン・ベイシング・ストリート」
⑤ラッシュ 「クロックワーク・エンジェルズ」

何と言っても、今年は①で決まりです!
とにかくスゴイです!これぞ本当に奇跡のライヴ。
全てのロック・ファン必聴です!
どうせ買うなら、CDだけじゃなく映像付き(DVDまたはBlu-Ray)の
バージョンがお薦めです。
歳とっても、さらにロックしてる3人の姿が、かっこ良すぎです!

今年はあまりいいことが無かったけど、来年はいい年になりますように。
皆さん、よいお年をお迎えください。
by BOSS

2012.12.26

年末

皆さん今日も一日お疲れ様でした。
今年も残すところあと数日となりました。

うちの店では、年越しラーメンなるものを12月の30,31日2日間販売させてもらっています。
この準備を始めると「あ~今年も終るなあ・・・」と年末気分に浸ります。
子供の町内行事、カンジョもはじまりました。寒い中頑張って町内を走りまわっています。

本当にこの一年あっという間でした。なんだか年を追うごとに短くなる気がします。(まだ32歳なのに…)

では、今年以上に来年が皆さんにとって良い年になりますように!

BY ハルサク

2012.12.25

長者屋敷の男松

今年も残すところあとわずか。
今年最後のブログ当番は、こんな夢あるお話を。

岩船むかし話より

「長者屋敷の男松」

むかし、ある年の大みそかに一人の旅人が岩船へやってきた。
男は路銀を使い果たし、冷たい霙のそぼ降るその夜の泊まる場所とてなかった。
彼は庄屋の家へ行ってせめて門の下なり、雪のあたらぬ場所へ一晩泊めてもらえぬかと頼んだ。
しかし明日は元旦で早朝から年始客も多いことで、門へは泊められぬと断られた。
それでも気の毒に思い、大きなにぎり飯を作ってやり、町はずれに庚申堂があるが、そこなら屋根も壁もあって吹雪は入らないが、化けもんが出るという話もあるが、そこでよかったら泊まるがいいと教えてくれた。
旅人は、世の中に化けもんなどいるものでなし、と喜んで荒れた庚申堂へ泊まることにした。
ところが真夜中になると、急に生ぬるい風邪と家鳴り震動がして、古井戸から妖怪らしい姿かたちのおぼろげな老人が出てきた。
「ヒエ!おまえはダ、ダ誰だ!」
「俺しは、化けもんだが怖くないか。」
「怖い。怖い。怖いが外は寒くて行くところがない。」
「おまえは正直で勇気のある男だ。今まで何十人もここへ泊まったが、俺を見て逃げないのはお前だけだ。俺しはこの古井戸へ泥棒どもが投げ込んだ小判の精だ。泥棒どもは仲間喧嘩の果て、斬り合いをして全部死んだ。俺しはお前のものになるから、この井戸の底から小判を出してくれ。」
と言ったと思うと、スーと消えてしもた。
元旦の朝早く、男は井戸の金を引き上げて長者になった。
彼は近くの畑と松林を買い占めて、広い屋敷と御殿のような家を建てたが、都への用を思いたち、千両箱三十ヶを庭の大きな男末の根方へ深く埋めて出発した。
しかし、運悪く、旅の途中に病気になって死んでしまった。
それで、今も長者屋敷には、長者が埋めた小判が眠っている。
しかし、何百年も前の大きな男松はとうに伐り倒されて、今ではこのあたりは全部女松ばかりなので、その場所がどこにあるか知る人もいない。
お前も元旦の朝げ早う、長者屋敷を掘ってみれ。・・・

先日の有馬記念で夢破れた方、これで一発逆転はいかがでしょう。
(あ、まだ年末ジャンボも望みがありますね^^)

それではよいお年を。

byラー定

2012.12.24

スキー場に行ってきました

今日は家族四人で今シーズン初めて、スキー場に遊びに行ってきました。
次女は本格的なスキーは初めてやりましたが午後からはなんとか?無謀にも?ダンナとベルトのようなもので繋いでリフトに乗って行って滑ってきました。次女は楽しんで滑ってきたようですが後ろでベルトの紐を操作しながらボーゲンで滑ってきたダンナは相当疲れていたようでした。
私はというと、その様子をロビーで休んで見ていました。隣に座った男性たちが『~って気にする?』って話してる会話が聞こえてきました。『○っぱいか~』って隣に私が座っているのにそんな会話を続けて『俺は○っぱいは気にしない!お○りとくびれだなぁ』なんて話続けるではないですか…。スキー場でそんな会話を聞くとは思わなかったし、それよりも隣に座っている私のことを気にせず話し続ける男性たちに私は女性と見られていなかったように思えて切ないような悲しい時間となりました。
byナチュ 嫁

2012.12.23

12月21日

12月21日は地球滅亡の日でした。
なんとか回避することができたようです
まだ滅亡しそうにないのでスマホデビューしました
まだ使いなれてないので大変です
ではこのへんで
メリークリスマス
Byとうふ

2012.12.22

今回の。

今回の選挙って、結果こうなるべくしてなった選挙だと思うんですよね。

前回は単純に自民に愛想が尽きたというか、民主にやらせてみようという世論の背景があってそうなったと思う。
自民の長い長い政権の中、トップが変わっても特に大きくは変わりはしなかった。

景気はどんどん悪くなり、ついにNOと答えを出したのが2009年。
じーさんは昔から自民推しだった。
色々な素晴らしい繋がりや、大変お世話になったという事もあり、自分自身もその義理から自民以外の選択肢を持ったことが無かった。
だが、そのじーさんも居なくなり推していた議員のさしたる活躍を聞くことなく義理立てする理由は既に無くなっていた。
政治に嫌気が差していた、テレビをつければ失言だのスキャンダルだの…、いっそのこと官僚が表に出てやれば?と思った。

2009年選挙当日。
気が付けば、それまで推していた議員の名前を書いていなかった。
結果は当然民主の大勝利。
新潟もほぼ民主一色に染まった。
あの時、これで何かが変わればと、少しだけ希望が見えた、
…と思っていた。

あれから3年。
前より景色はより悪い方へ変わっていた。
どなたかが言われた自爆総選挙は、民主政権への失望感、政党の乱立、準備時間の短さ、刺客候補の擁立による票の割れ
そして、個人的には維新と太陽の合併…。
結果として自民圧勝だったが、比例当選が伸びていないことからも自民推しではなく個人推し、または票の割れが招いた結果だろう。
だが、逆に国民の根底には自民の名前が強く根付いている事がよく分かる選挙でもあったと思う。

今回、「急いては事を仕損じる」という言葉が石原氏にぴったりだろう。
これからの日本を憂う気持ちと、残りの政治生命の短さから、どうしても今回何とかしなければという思いが強すぎたのではないだろうか?
パワーを使い果たし、失意のうちに・・・なんてことがなければいいが。
正直、少し橋本氏には期待していた。
だが、時間のなさと第三極の面々に巻き込まれてやられたような印象を持った。
以降、期待出来るのだろうか?

今回、単独過半数を取った自民党。
来年は参院選があるわけで、まずはこの半年の中でどれほどの成果があげられるか?といった感じだろう。
私たちは見ている、見ているしかないと言った方がいいだろうか?
基本的には声を届ける事ができるのは選挙位な訳で。

もうあまり期待はしていない。
ただ、小中学生のようなやりあいの茶番は見たくない。
官僚に頼りきった政治家も見たくない。
国会という国の政治の最高機関が税金の無駄にならないようにしてもらいたい。
末端の公務員は国民に一番近い現場で文句を言われようが頑張っているのだから。

私たちは見ている。

by TD

Next »