Home > 4月, 2016

2016.04.06

がんばれ消防団!の巻

160403_1126
ただいま消防団では24日の春季演習に向け、日夜ポンプ操法の練習に励んでおります。
漢ばかりの世界ですので、少しでも黄色い声援があると200%力を発揮すること間違いありません。
水/木は19時半~ 日曜日は9時~ 運動公園にて練習しておりますので、どうか生暖かい応援をよろしくお願い致します。

by ぴ~ひゃら

2016.04.05

秘蔵写真シリーズ③

今回は岩船が生んだ英雄・鈴木陽二さんです。
村上高校同窓会総会で講演されると聞き、
どうしてもとお願いして伺った時のものです。

1988年のソウル五輪で鈴木大地を金メダルに導き、
1989年から全日本ヘッドコーチ、
2008年8月の北京五輪では競泳代表チームのヘッドコーチを務められました。
村高の講演がこの年の10月ですから、
わずか2か月後のまさしく郷土愛です。
って言っても10月の18日です。…宵祭りです。
やっぱり…^^;

講演後の宴会におじゃまして、
緊張して話しかけたら、ひんで岩船弁で答えて下され、(◎o◎)
「だー、俺なん、〇ロ〇ロのおんちゃだにっか」
と言われたときには、持っていたノートを落としてしまったものです。
by ゲン

画像 011 (740x1024)

画像 006 (1024x681)

画像 012 (741x1024)

2016.04.04

もう少し

テレビニュースでは全国から桜の開花の便りが映されています。
岩船ではもう少し。
今日入園式を迎えた岩船保育園の桜も、花冷えの中、固い蕾のままです。

sakura

 願わくは 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ  西行

生を終える時が来るのなら、満月の夜に満開の桜の下で迎えたい・・・

西行法師の昔から、日本人は桜をこよなく愛でてきました。

保育園脇の歩道ができたのはいつだったでしょうか?
25歳になる長男が通っていたころには、もうできていたように思いますが、
桜を切らずに歩道を造る優しさは、日本人の美質ですね。

新しい園児たちが桜の下で歓声を上げるまで、あと数日です

Byガンダルフ

2016.04.03

初乗り

昨日、丸山大橋まで自転車で走ってきました。
お仲間達より少し出遅れ、今シーズン初乗りでした。

あいにく風が強い日で、行きは厳しい向かい風。
桃川峠では、4人の若いチャリダーに軽く抜かれましたが、
そこは熱くならず、おやじチャリダーらしくマイペース、マイペース。
と言うより、全然彼らに付いていけませんでした。

IMG_1570

 

 

 

 

 

 

道中、稲荷神社で今シーズンの交通安全を祈って参拝。
折り返し地点の「猫ちぐらモニュメント」までたどり着いたものの、
太腿がピクピクしてかなりヤバい状態。
初日にこのコースは失敗だったかなと、ちょっと後悔。

それでも、帰りは終始追い風でスーイスイ。
なんとか無事に帰って来ることができました。

IMG_1578

 

 

 

 

 

 

桜はまだ蕾でしたが、ここの桜並木は見事です。
満開の頃にまたこのコースを走りたいと思います。

IMG_1580IMG_1582

 

 

 

 

 

by BOSS

2016.04.02

今年初。

つい先日、弟夫婦が帰ってきました。
今年2歳になったばかりの甥っ子をつれて。

なので外遊びが大好きで、朝から晩まで外にいても飽きない甥っ子のために外で夕ご飯を…と思い、まだ寒かったのですが今年初バーベキューしました。

ぐずりもせず楽しい夕食になりました。
その夜、炎を眺めたせいか、夜泣きは半端なかったみたいですが…(>_<)

やっぱり甥っ子、かわいいですね〜。
今度は、お盆かな?会えるのが楽しみです。

byハルサク

2016.04.01

11人。

先日、長男が無事卒園式を終えました。
朝、登園すると、いつもエプロン姿の先生達が礼服で出迎えてくれ
園児の声でやかましい位の遊戯室はシンと静まりかえり
「いつもと違う保育園」の姿に子供たちもなんとなくソワソワ。
親は親で、長いようで短かったそれぞれの保育園生活を思い出し、すでにウルウル。
式が始まるとウルウルはすっかり涙に変わり、すすり泣きの止まない卒園式となりました。

未満児から4年間お世話になった保育園。
幸いうちの子は最初から泣くこともなく、スムーズに始まった園生活でした。
おむつも保育園でとってもらいました。
箸の使い方も保育園で教えてもらいました。
当時、兄弟がいなかった長男はケンカも保育園で初体験させてもらいました。
給食のとき、コップに入った牛乳を持って皆が「カンパーイ」とはしゃいでいる中、うちの子はひとり「お疲れ~」と言ったそうで
「おうちでの様子がよく分かりますね」とお便りに書かれたこともありました(笑)
流行りモノはしっかりもらってきて、家族みんなダウンさせてくれたこともありました。
ダボダボだった園児服もいつの間にかツンツルテンになっていて今更ながらわが子の成長を実感。
思い出が後から後から浮かんできて、胸いっぱいの卒園式となりました。

式後、担任の先生がおっしゃっていました。
「11人しかいないから、と諦めるのではなく、11人だからこそやれる事を考えながらやってきました。」

11人。
私たちの頃では考えらない人数ですよね。
小学校入学時にはひとり増え12人になりますが、それでもあまりの少なさにビックリです。
そのぶん、みんな仲良く過ごせる(はず)とか、先生の目が行き届く(はず)、などメリットもあるだろう!と親の私たちは前向きに考えています(^^)
その夜行われた謝恩会は、それはそれは盛り上がりました。
子供たちは大はしゃぎでワーワーギャーギャーやかましいったらありゃしない。
親も思い出話が尽きず大騒ぎ。
・・・華美陣さん、本当に申し訳ありませんでした!!!

さぁ、新生活のスタートです。
地域の皆様、ちゃわちゃわした新一年生をどうぞよろしくお願い致します。

image

byラー定

« Previous