« | »

2015.06.26.

過渡期

「安保法制」で国会は大騒ぎです。
阿部総理=保守本流の野望実現に向けての大きな一歩なのでしょう。

yjimageZ4O26Y2Q平和」が人類の最終目標だとしたら、国境を無くすればいい。

Imagine there’s no countries  想像してごらん 国なんて無いんだと

ジョン・レノンは40年以上前に世界に提案したんだけどね。

 

人間は一人じゃ生きられないから社会を創った。
争わず公平に暮らせるように、社会の中でルールを定めた。

原初の「クニ」は、せいぜい現代の「村」ていどの規模だったのでしょう。
それが中世の「国」になり、近代「国家」までは来たけれど、そこから抜け出せない。
ゴールの無い過渡期が延々と続いている。

その過渡期での「国家」の方向の論争です。
民を守るのが国の使命です。永世中立なんて甘っちょろいことでは守れないでしょう。
一方、自衛のための力は簡単に侵略のための軍隊に変わるでしょう。
最終目標の「平和」に反して、経験者が必ず口にする「絶対にしてはいけない」戦争が始まるかもしれません。

違憲かどうかなんて、ちっぽけなことです。
憲法自体が国家を成立させる方便ですから。

人類がどうあるべきかということを忘れなければいいのです。
市長選挙の投票日が近づいています。
岩船がどうだとか、市部と郡部だとか、そんなことは小さなことです。

過渡期にあるこの社会の中で、それぞれが生きていくためにふさわしいと思う人を選びましょう。

過渡期の構成員である限り、棄権だけはしないようにね。

 
by ガンダルフ

トラックバック URL

コメント

アメリカ従属の安部政権 危険なにほいがする アメリカは侵略戦争をこれからもつづけるでしょう 日本の自衛隊が犠牲になる 日本が支那と朝鮮に戦争を仕掛けられても助けてくれないのに

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.