« | »

2016.02.27.

十分杯

昨年、長岡に行ったときに買ってきたものです。

その存在は数年前から気になっていて長岡に行くたびに探していたのですが、限定生産だったらしくていつも在庫なし…今回は実物を初めて見つけたのでその場で即決しました!

4278887450_n

以下、買ったお店の説明です。

「十分杯」とはサイフォン式のからくり酒器です。

八分目までなら普通に使えますが、並々注ぐと底の穴から1滴残らず流れ出てしまう・・・という物です。

長岡藩三代藩主 牧野忠辰(ただとき)公が「物事は八分目くらいの余裕をもって行動すれば万事うまくいくもの」と説いて自らを戒め、家来をも戒めたと伝えられています。

 

これがあれば飲みすぎることもなく、ちょうどいいと思ったのですが…手入れが面倒なのでまだ数回しか使ったことがありません…

自分を戒めるためにも、たまに使いたいと思います。

byどぜう

トラックバック URL

コメント

どんなカラクリが…。飲めないけど、欲しいなー。皮鯨も欲しいなー。

北斎さま、カラクリがわかる動画を追加してみました。小物として持ってるだけでも満足感があると思います。

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.