« | »

2016.08.28.

親心の行方

息子にとって初めての夏休みが終わりを告げようとしています。
今月に入ってから何度も、特にお盆を過ぎてからは毎日毎日忠告してきた宿題。
一年生のうちはそれほど量もないのでドリル系はなんとか終わらせられましたが、いくつか残っているものが・・・。
頭にきて、「もう知らないよ!!」なんて怒鳴ってはみるものの
ほんとに知らないふりして登校させる度胸もないのでとにかく必死に尻を叩く。
昨日は本棚から一番短い本を引っ張り出し読ませ、読書感想文を。

今朝は溜まった日記。
「お母さん、18日の天気なんだっけ?」なんて聞かないで。わがらねでん(T T)
とりあえず「晴れ」にせっしゃ!!

そして残るは工作。
工作の材料になれば・・・という親心でせっせとためてきた空き箱やヨーグルトの空きカップ。
洗って干して何個も用意したのに一個も使われることなく台所にたたずんでいます。

1472379097565
さぁ、どーなる工作!?
残り時間はあとわずか。
今夜は寝れそうにありません(- -)
byラー定

トラックバック URL

コメント

工作出来ましたか?
ウチはドリルの 丸つけ、やっと終わりました。
工作のニス塗りも。来年は自由研究地獄…。

先日の子供会 面白かったですね〜。
オヤジは 花火やらせたかったです。残念。
また みんなで 騒ぎましょう!
ウチの奥様よろしくお願いします^ ^

>>グレートはなさん
工作、結局昨日は終わらず、今日に持ち越し。今日こそ終わらせねば。
コメント見て今朝あわてて丸つけしました(^^;)
親もやること満載ですね~。来年はもっと計画的にやります。
子ども会、楽しかったです!奥様にからみまくってすみません。
今度は私幹事しますんでまたやりたいですね!
(この間もそんな話になったようですが、よく覚えてません笑)

懐かしい悩みだなぁ♪その頃が一番良かったなぁと、後で思うものです。親子を楽しんでね♪

>>だいだらぼっちさん
いつかそう思うんですかねぇ。
長男が終わる頃になると次男が入学(^^;)
もう十数年この悩みは続きそうです。

NAMARAの高橋なんぐくんの少年時代の話。
割り箸だか何だかで作った未完成の家を工作の宿題として提出したそうです。
作品のタイトルが「欠陥住宅」だったとか^^;

うちも子供三人で、みんな三つ違いだったから、順番に入学していって、町内の親子遠足なんか永遠に続くような気がしてましたよ(笑)

>>スター誕生さん
さすが!子供の頃からトンチが効いてたんですね!
うちもそれくらい回転がよければ・・・ね(^^;)
結局ヨーグルトカップひとつも使わず工作仕上げました・・・。

>>だいだらぼっちさん
三つ違いの三人では長い長い学校生活でしたねぇ。
役員も大変だったでしょうね^^;

掛け合いが面白い!

小学校から中学校へと副会長と会長で6年連続で務めさせていただきました。すぐに高校の役員を打診されましたが、「休ませてください!」と丁重にお断りしました(笑)

>>北斎さん
誰に似たんだか….おとぼけ坊主なのです。
毎日こんなやりとりです^^;

>>だいだらぼっちさん
あー恐ろしい^^;
とりあえず一度はやらなきゃいけない役員活動と覚悟はしていますが
なんと言っても12人…。卒業までに何回回ってくるのでしょう。

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.