« | »

2018.06.16.

教育者の影響力

転がる石さんが、俵万智さんの「サラダ記念日」をアップされていました。

 

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

 

当時高校2年だった私も、この歌の存在は知っていました。
そんなある日、
古文の授業中、T先生が世の中を席巻していたこの歌を一刀両断。
「まったくダメな短歌です。」と。
なぜ?
T先生曰く、
「「この味がいいね」でワンフレーズなので、初句が5文字で区切れない」
とか何とか説明していました。

素直だった私は、先生がダメと言っているのだから、ダメな短歌なんだなとそれ以来、俵万智さんはダメな歌人なんだと勝手にレッテルを貼ってしまいました。

今、改めて、転がる石さんがアップしている歌を読んでみると、

心の奥がキュッとなるような、何とも言えない感覚に捉われる自分がいました。

「ああ、あの多感な頃に、俵万智の歌をもっと読んでいたら、

もっと真面な人間に・・・」

私の一番嫌いな「やらなかったことへの後悔」が・・・。

それにしても、子供にとって、教育者の影響は多大なんですね。

 

さて、

昨日まで、日本海東北自動車道が通行止めでした。

国道7号線は、これでもかって、言うくらいの混雑ぶりでした。

道路一つでこんなにも人の動線が変わるんだなと、その影響力の

大きさにも驚いた次第でした。

 

by Mahalo

 

 

トラックバック URL

コメント

「初句が5文字で区切れない」から 「まったくダメな短歌です。」

感受性のかけらも感じられない「まったくダメな教師」

転がる石さん。
コメントありがとうございます。流石です。(^-^)
今考えて見ると、彼は変革することに消極的だったんだと。自分の居場所を守りたかったんでしょうね。それもよく分かります。

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.