« | »

2018.07.12.

幸いな日本よ、汝は清掃せよ。

   

 戦争は他家に任せておけ。幸いなオーストリアよ、汝は結婚せよ。

 

ナポレオンが歴史に登場する前、オーストリアのハプスブルグ家は
政略結婚によってヨーロッパに君臨しました。
ちなみに、フランス王妃マリー・アントワネットもハプスブルグ家の子女。

この言葉「戦争をしない=幸いな」という図式に、とても共感できます。

 

 

ロシアWC ベルギーに敗退した日本代表が去った後のロッカールームが綺麗に片付けられて、
ロシア語で「ありがとう」のメモとブルーの折り鶴が残されていたことを
ロシアの運営スタッフがツイッターに載せて、
敗戦の後にもかかわらず、いつもどおりにスタジアムのごみ拾いをしたサポーターの姿と合わせて
世界中から日本人が称賛されました。

 

 

称賛は、日本以外の国々では、そんなことは「ありえない」の裏返し。

日本と関わる度合いの大きい国(中・露・米・韓・・・)の権力者たちは、称賛ではなくて
背筋に冷たさを覚えたことでしょう。

国内での自分の立場がいつ脅かされるか不安だから、他国に虚勢を張って強い指導者を演じる、
貿易に神経を尖らすのは、利でしか国民を動かせないから。

敗退という悲嘆憤慨すべき状況で、より正しい行動を自然に、無報酬で一致して行う国民性。

そんな「ありえない」国を相手に戦争を仕掛けるのは無謀すぎると、
虚ろな彼らは思い知らされたはず。

 

清々しい立ち振る舞い、それこそが国防の最強兵器になりうるのです。

by 転がる石

トラックバック URL

コメント

No comments.

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.