« | »

2018.12.03.

東日本大震災

先日、仙台へ行って来ました。いろいろ見て回ったんですが一番印象的だったのが東日本大震災での被災地、荒浜小学校でした。別に被災地を軽く見てた訳でもないし、テレビでの情報でとてつもない被害を受けてるのはわかってるつもりでした。けど実際被災地でその当時の映像、被災者の声を聞くとやっぱりどこか他人事だったのかな?と考えさせる思いでした。2000人以上住む街が一瞬で消え、辺りには住宅の基礎だけが残ってる…この地区でも児童1人を含む多くの人が亡くなっている…。その町を公開し案内するのは切ない思いなどいろいろあると思います。それでもこの震災を後世に伝える。それが命をおとした人達の報いでもあり、忘れてはいけない事だと思いました。災害はいつどこで起きてもおかしくありません。

By 鯉の滝のぼり

トラックバック URL

コメント

No comments.

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.