« | »

2019.06.10.

日にち薬

先日、姉の17回目の命日を迎えました。

 

埼玉に住んでいた姉は、17年前、いつも通りの朝に突然倒れました。
当時、中学生の長女を一番上に、三人の子供がいて、まさに子育て真っ最中でした。
旦那さんから連絡を受け、母を助手席に乗せ、とりあえず向かいました。

 

大きな病院のICUのベッドに姉はいました。
昏睡状態でした。
けれど、僕も、母も、そして姉の旦那さんも、そのうち目を覚まして、
「ごめ~ん、迷惑掛けたね、、、」と、いつもの笑顔で言ってくれると思っていました。
ところが、迎えた三日目の朝、意識が戻ることなく、姉は静かに42年の生涯を閉じました。

 

信じられなかったです。
倒れる一週間前に、電話をよこして話したばかりだったのに、元気に笑っていたのに、
早朝の病院の廊下に、僕は一人で呆然と立ち尽くしていました、
娘を失った母、そして妻を失った兄の嗚咽が病室から廊下まで聞こえました、、、
なにより、子供たちの泣き崩れる姿を見るのが一番辛かった、、、
とても、とても、悲しい思い出です

 

しかし、いつまでも悲しんでいることは出来ませんでした、
次から次にやることはあります、
何もできないけど、僕は率先して動きました。
悲しみをごまかすように、、、
そして、姉の旅立ちに後悔することのないように

 

一通り事が終わり時間があったので、ホールの待合室で休んで、そこある雑誌を眺めていました、
すると、そこには瀬戸内寂聴さんのコラムがありました、
そこには、

—どんな悲しみや、苦しみでも、歳月が癒してくれますよ、
—時間こそが心の傷の妙薬なのですよ、
—京都では、それを「日にち薬」と呼びますよ、と。

それを読んだ瞬間、それまで我慢していた涙が、一気に流れ落ちました
自分でもびっくりするくらい止めどなく、、、

悲しい時は、泣きなさい、心行くまで泣きなさい、
きっと時間が、その深い深い傷を少しづつ癒してくれるのだから、、、
旅立った姉が優しく肩を叩いてくれた気がしました、、、
ホールの隅の長椅子に座り、長い時間一人で泣いていました

 

今でも、毎日朝晩、仏壇の前で手を合わせる時、
時々、姉と話します

姉の3人の子供たちの事、そして7人の孫の事を報告しながら、、、
姉が亡くなって、4年後に後を追うように病気で亡くなった旦那さんも交えて、、、

 

 

by質実剛健

トラックバック URL

コメント

胸が締め付けられるような話だ。仲のよい姉弟だったのでしょうね。

涙で前が見えません・・・ (号泣)

北斎さん、
そうですね、姉の事、大好きでした。
もっともっと、話したかったですね。
居なくなって、心からそう思います、、、

チャイナタウンさん、
少し重い内容でした、、、(;´∀`)汗

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.