« | »

2019.10.11.

渡良瀬橋 憧憬

関電の件、教師間イジメの件、

コメントしたいことは山ほど。

でも、それはさておき・・・

 

なぜか突然今さら、森高千里さんの「渡良瀬橋」(1993年発売)にハマった件を。

 

彼女が新作の詞を書くヒントにと地図を広げて、

「渡良瀬川」「渡良瀬橋」の言葉の響きが気に入って、

現地を取材して書いたとのこと。

 

全くのフィクションですが、感情移入の激しい私はこの詞の世界に数日どっぷり。

♪渡良瀬橋で見る夕日を あなたはとても好きだったわ

きれいなとこで育ったね ここに住みたいと言った

 

足利女子にはたまらないでしょう。

 

♪広い空と遠くの山々 二人で歩いた街

 

幸せだった頃を思い出す主人公の彼女。

森高さんの書く詞はシンプルだけど、それだけにグっとくる。

 

足利市でのコンサートでアンコールにこの曲を歌ったときには、

場内から大合唱が湧き起こり、森高さんが号泣しただとか。

 

♪床屋の角にポツンとある公衆電話おぼえてますか?

 

携帯電話が普及する前の方が恋愛に情緒があった。

それにしても、やじえもんの角に公衆電話がないのは残念だ。

 

モデルになった公衆電話は、数年後NTTが撤去しようとしたが

反対運動があって残されたとか。

まだ残っているのか、来月あたり確認に行かねばと思っているところです。

 

by 転がる石

トラックバック URL

コメント

公衆電話ボックスは置けませんが、分煙化に備えて「喫煙ボックス」は検討中です(^^;

ここは一度訪ねてみたい所の一つ。
八雲神社にも行ってきてね。(3つあるそうですが)
帰ってきたら話を聞かせてください。

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.