« | »

2020.04.05.

お雛様

この辺りは旧暦で、彼岸明けでしたが、

今年もお雛様を飾りました。

と言っても、ほとんど妻が飾ったのですが、、、

僕は雛壇を出すのを手伝っただけです(笑)

20数年前、娘が生まれた時、じいちゃん、ばあちゃんは本当に喜んでくれました

そして溢れんばかりの愛情を注いで育ててくれました

今は、じいちゃん一人だけになってしまいましたが、

娘は、じいちゃんを大好きで、いつも遠くから心配しています

これからも、きっと、もらった愛情を忘れることは無いでしょう

そして、妻は、離れて暮らす娘を想いながら、ゆっくりと丁寧に飾りつけをしていました。

私たちも行ったことのない土地で、一人暮らしをして、精一杯、仕事に励む娘を想いながら、

彼女の幸せと安全を願いながら、、、

いつか彼女が結婚して子供を生んだ時

きっと、たくさんの人から戴いた愛情を受け継いでくれるでしょう

 

by質実剛健

トラックバック URL

コメント

いい話ですねー。
ウチの娘1号も、来年の春には
岩船から出て行くのかなぁぁぁぁ?
子離れしないオヤジは
地元就職希望笑

ミルマス・はなさん

春は出会いと別れの季節と言いますが、
娘を知らない土地に置いてきた日の事は忘れることが出来ないくらい、辛い一日でした。

でも、そういう辛さを乗り越えて、お互いに成長出来た今が有る訳で、むしろそういう経験が出来たことに感謝しています。

よって、早く子離れしてください(笑)

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.