« | »

2020.10.13.

毎日が葛藤

 このごろ岩船を駆け抜けるニュースはどれもこれも刺激的なものばかり。
いい意味でも悪い意味でも。

そもそも自分はこの仕事をやりたくてこの業界に入ってきたのか?と問われれば、
答えはNO。

業界に入った理由はやはり継がなければいけないのだろうという一種の責任感というか習わしというか。
2世代前の昭和の考え方というべきなのか、田舎特有の考え方というべきなのか。
学校に行かせてもらい、育ててもらったことを義理として、それを返す考え方に近いのだろうか。

会社の現状には不満しかない、一向に進まない人員の確保、もはや時代遅れとも言い難い企業形態。
柱が折れ、一つの時代が終わりを告げた会社。辞めるなら今、畳むなら今。
そもそも自分に向いているか?といえば不向きだとは思っている。
ただ、辞めるのは簡単だが何故か釈然としない。辞めたくない自分も確かに存在している。

事業を継続しているある先輩は辞める選択などなく、意地でやっているようなものだと。
それに近い不確かな気持ちが私にも存在する。

それが何かははっきりとしないからモヤモヤするんだろうが、ダメならやめればいいんだからと
自分に言い聞かし心の安定を図りながらチャレンジを続けている。
とりあえずは完全に心が折れるまで続けてみよう。

何とかなるさ、ならないときは辞めればいいさ。
今はとりあえずがんばろう。

by NS!-G

トラックバック URL

コメント

クズ配牌でも諦めずに対子手を目指してみる。
ディフェンス力もあるし、うまく行けば打点もある!

いろいろ思うことも有るでしょうが、何よりも、大切なお客さまが居ることを忘れないで欲しい、、

>転がる石さん
上がりに向かう姿勢は、配牌問わずですよね。後は勘と運。ダメな時はオリれば良いだけ(´^ω^)

>質実剛健さん
お客様は第一です、ですがそのお客様をお待たせして迷惑がかかるようならダメですよね。人が足りずあそこは遅いからダメだと言われるくらいなら、ということです。

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.