« | »

2020.10.14.

憧れのホットケーキ

こどもの頃、うちは貧乏だったがそれ以上に
うちの母親はケチだった。

「ホットケーキというものを食べてみたい」とねだったら、
天ぷらを揚げた残りの粉に砂糖を入れて
フライパンで焼いて「ホットケーキ食べれ」と出された。
薄っぺらで、油でベトベトなモノだった。

友達のお誕生会に行ったら、
そこのお母さんの作ったホットケーキはふわふわだった。
母親に騙されたのと、なんとなくうちは貧乏なんだと感じた。
ホットケーキはトラウマになった。

父親は昔かたぎの商人で、元旦以外は店を休まなかった。
結婚して何年かしてから、ようやく月一ぐらい休むようになった。

休みの日の朝食にはカミさんにホットケーキをリクエストした。
何事もケチらないカミさんは、山のようにホットケーキを焼いて
僕はそれをパクパク食べた。
だから脂肪がいっぱいついたけど、トラウマはなくなった。

もうすぐ7年になる。
カミさんが亡くなってから、うちでホットケーキは食べていない。

トラックバック URL

コメント

いい話。名随筆を読んでいるような。

北斎さん、
私もそう思います。

喫茶店で、バニラアイスダブルを注文して、あのクラッカー?
で食べてる大人が羨ましかった。

北斎さん、マイケルさん、ありがとうございます。
これをいい話と感じるのは、歳のせいかもしれませんよ(^-^)

孫さん、ありがとうございます。
ウェハースですかね?(^.^)

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.