« | »

2020.11.21.

漂白剤でピッカピカ!!!の巻

年末が近くなり、そろそろ大掃除の季節ですね。

そこで今日は、浴室のカビ取りの方法についてご紹介したいと思います。

 

浴室でカビの生えやすい所と言えば、壁と床の継ぎ目のコーキング部分です。

ゴム状になっていてカビが生えると簡単には落ちません。

力任せにブラシでこすると表面がザラザラになり、余計にカビの温床になってしまいます。

 

そこで、下記のアイテムを準備します。

①台所用塩素系漂白剤

②ペーパータオル

③ゴム手袋

 

やり方

①ペーパータオルを幅3センチ位の短冊状に細長く数枚カットします。

②タッパー等に台所用漂白剤を適量入れ、カットしたペーパータオルを入れて浸み込ませます。

③カビの部分に貼りつけ、そのまま半日以上放置。

④ドキドキしながら剥がすと驚きの白さに!!!

 

この方法でのポイントは浴室用じゃなく、台所用の漂白剤を使う点です。

私も知らなかったのですが、台所用の塩素濃度は浴室用の数倍濃厚なのだそうです。

なぜなのかは分かりませんが、安全性を考えての事なのかも知れませんね。

 

以上、カビでお悩みの方は是非お試し下さい。

なお、白以外の壁や床には漂白剤を絶対につけない様、ご注意願います。

 

by たまぐち

トラックバック URL

コメント

No comments.

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.