2017.06.14

クルマの流れ

昨日、今日と店の前の国道7号線のクルマの交通量が多いなぁと思っていたら、日東道の荒川胎内ICから朝日まほろばIC間が12日の20時から今日の20時まで舗装や設備の修復作業で完全に通行止だったみたいですね。

大型トラックが多かったり、朝夕の通勤時間帯で信号待ちのクルマが多かったり、高速が朝日まで開通する前はこんなだったっけっかなぁ。

ホント、道一本で流れが変わっちゃうなぁ...

ちなみに、19日の20時から21日の20時まで2回目の工事で通行止の予定らしいですよ。

By スパカリ

2017.06.13

虹色の雲

170520_1025

先日の事です。
水防訓練の予行練習中、ふと空を見上げたら雲が虹色に輝いていました。
雲に虹が被っている訳ではなく雲自体が七色に煌めいていて、それはそれはとても美しかったです。
帰宅後調べてみると「彩雲」といい、日光が雲内の水滴で回析する大気光学現象なのだそうです。
もしかして地震雲かと思いましたが、むしろ良い事が起きる前兆らしいです。
期待に胸を弾ませているにも関わらず、その後一向に良い事などありません(泣)
一度でいいから、この目でオーロラを見てみたいなあ。

by たまぐち

解禁近し

 おはようございます。大幅に投稿が遅れてしまいました。お詫び申し上げます。

今年、挑戦していたサクラマスでしたが残念ながら一匹も釣れませんでした。

そんなに甘くないターゲットでした(涙) 来年は頑張ります。

さて、サクラマスが終われば、これから始まる釣りも多くあります。

三面川の鮎が24日解禁を迎えます。その前に今度の日曜日に試し釣りが行われます。

今年は、例年以上に天然遡上の鮎が多いみたいです。期待大です。

試し釣りの方にも参加できるみたいなので、頑張って来ます。

by 影武者

2017.06.11

フォークソング2

こねだ、転がる石さんがフォークソングのお話しをしていましたが、
僕らの青春はまさに四畳半フォークの盛りでありまして
かぐや姫の「神田川」「赤ちょうちん」「妹」などが大ヒットした時代です

おかげで、その頃中学生だった僕は
「都会で働く」ということは・・・・・・
住まいは三畳一間の小さい下宿か四畳半のアパートで、
きっと窓の下には川が流れ、銭湯行くときは手ぬぐいをマフラーにして(赤限定)
歩くと小さい石鹸がカタカタと音を立て、銭湯を出ると可愛い女の子が待っていてくれて、
そっとハグして「冷たいね・・・」とささやくべきだと思い、
雨が降れば小さなアパートでキャベツをかじりながら彼女の似顔絵を描いている・・・・・

当時坊主頭の野球小僧は少し興奮しながら、
そういうことなんだろうなぁ~と考えていました。

そして僕も含めて、そんな妄想まみれのほとんどの同級生男子が
ギターたげで、かぐや姫をコピーして、南こうせつになりきって、
♪あなたは~もう~忘れたかしら~ なんて、
変声期の切ない、かすれた声で唄い、
聴く方も別の意味で切なくなって聴いていた …
そんな時代でありました。

つい最近、高校の頃に一緒にフォークバンドをやっていた友人が突然連絡よこして
一か月後に催事があって、自分がやっているバンドのボーカルが都合悪くなったので
何とか代りをやってもらえないか?という
僕の人生の中で三本の指に入るくらいの無茶振りをされました

でも実は最近、何故か無性にフォークソングを聴きたくなって
あの頃の曲を一生懸命聴いていたのです…
事の前触れだったのかもしれません 笑

友人の無茶振りもさることながら
「いいよ」と軽く返事をして、
あと一ヶ月しかないというのに、これから練習に参加して曲を覚え、
人様の前で唄うという前代未聞の行動に出た自分が不思議で仕方ありません

きっと、僕の心の中のこうせつが「僕はやるべきだと思う!さぁ青春をもう一度取り戻すんだ!」と
背中を押してくれたのだと思います・・・

ですが、もう既に、以前NHKの「にほんごであそぼ」という番組で「茶碗蒸しの歌」を歌った時と同じくらい
テンパっています・・・

果たしてどうなることやら・・・・・(脂汗)

次回に続く・・・・・

by質実剛健

2017.06.09

朝マズメ

陽が長くなりました。一年で6月20日頃が一番陽が長いんだとか。
夜は7時過ぎても明るいし、朝は3時45分頃には明るくなり始めますね。
仕事上でも、プライベートでも、何となく得した気分の季節です。
チョッと困るのは、あまりに朝マズメが早すぎて休日の朝の行動が早すぎることかな?

3時45分頃に明るくなるってことは、起きてから朝の珈琲タイムをいれると2時半起き?
更に県北の県境付近にその時間に着くには、逆算すると1時半起き?
睡眠時間を6時間と仮定すると・・・そろそろ寝なきゃ。(笑)        by Forester

2017.06.08

サージェント・ペパーズ 50周年記念エディション

先月5月26日(金)に世界同時発売となった、ビートルズの
「サージェント・ペパーズ 50周年記念エディション」。
半世紀も前のアルバムが、リミックスされてまた世に送り出された。

4種類のバージョンが発売されたが、オレが買ったのは6枚組(4CD+Blu-ray+DVD)。
久しぶりの大物である。

28日(日)は天気が悪かったので、外出しないで全部聴き倒すことにした。
どうせだから、1987年に発売された初版CDと、2009年のデジタル・リマスター盤も
あわせて聞き比べてみた。

聴く順番に迷ったが、まずは今回の「50周年記念盤」をチョイス。

1曲目の”Sgt. Pepper’s Lonely Heart Club Band” から衝撃を受ける。
「なにこれ? 音の定位が今までと全然違うじゃん!」

今回ミックスを手掛けたのは、ジョージ・マーティンの息子ジャイルズ・マーティン。
説明が難しいのでここでは省略するが、簡単にいうと、オリジナルの4トラックの
セッション・テープから本当のステレオ・バージョンを作りたかったのだそうだ。

1曲目を聴いた第一印象は、現代風のミックスかな、ということ。
たぶん好き嫌いが分かれると思うが、オレは好き。
リズム隊がどっしりと中央に座り、その音も大きめで迫力があり、なんだか不思議な
ライブ感すらあり、とてもかっこいい。音圧すごい。

反対に4曲目の”Getting Btter” は、ベース音の輪郭をぼかしすぎてイマイチ。
なんでこんな風にしちゃったのかな? 意図が分からない。

今回の白眉はなんと言っても、7曲目の”Being For The Benefit Of Mr. Kite!”。
とにかく素晴らしいの一言!この曲ってこんなにすごかったのかと、ちょっと反省。
オレの好きな曲ランキングでも、かなりジャンプアップした。まさにプログレッシブ。

この後は、
② 2009年のデジタル・リマスター盤
③ 1987年に発売された初版CD
④ 50周年記念エディション(2枚目・スタジオセッション)
⑤      〃      (3枚目・スタジオセッション)
⑥      〃      (4枚目・モノラル)
⑦       〃      (Blu-ray・DVD)(5枚目&6枚目・5.1サラウンドなど)

てな具合に聴き続け、全て聴き終わったのは午後3:00。
途中休憩をはさんだものの、6時間も同じCDを聴き続けるのは実に久しぶりのことだった。

んで、オレの結論。

今回の「50周年記念エディション」は、あくまでも記念バージョンであって、
決して最高の完成型というモノではないということ。

個人的には今まで発売されている中では、
②の「2009年のデジタル・リマスター盤」が一番好き。
それぞれの楽器の分離感に優れ、非常に立体的でクリアなサウンドなのだ。
こちらは親父の仕事である。もちろん好き嫌いは分かれる。

従来のイメージを損なわないという意味では、今回のリミックスは非常にいい仕事だったと思う。
きっと親父も天国で喜んでいることだろう。

by ほでら

2017.06.07

NBAファイナル

明日はNBAファイナル第3戦が午前10からあります。3年連続同一カード。ウォーリアーズvsキァバリアーズ二連勝したウォーリアーズだが、アウェーに移りどうなるか?このままキング、レブロン・ジェームズが黙ってるわけがない。昨シーズンもウォーリアーズが先行するもまさかのキァブスの大逆転。ライブでゆっくり見たいところですが、そこは録画で我慢です…。

興味ない方でも是非見てください!あの身体能力の高さに驚愕することと思います。

ちなみに私はウォーリアーズのファンです。

by鯉の滝のぼり

 

2017.06.06

食べ歩き

久しぶりの連休で、嫁のリクエストもあり、ちょっと遠出してきました。

 

ほぼ食べ歩きのようなものでしたが、塩沢でこんなん食べました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あぜ道ソフトクリーム」

 

よもぎアイス+イナゴの佃煮!

 

けっこうTVとかに出てきます。意外にイケる味です。

 

近くに行ったらご賞味あれ!

 

岩船は「あなごソフト」で対抗しますか(^^;)

 

 

By823

 

 

2017.06.05

IWAFUNE ⇔ AWASHIMA

先日、岩船荘さんで飲んでいたところ、
カウンターの近くにとてもきれいな冊子があるのに気が付きました。

「これ何ですか?」と聞いたところ、
「粟島のガイドブックだよ。」と。
なんと、オシャレなガイドブックでしょう。

中身をめくると、そこには私の知らない粟島の魅力が満載でした。

小学生の頃に、一度行ったきりでしたが、
また行ってみたいなあと思わせるほど、本当に素晴らしいガイドブックでした。

そして、粟島への玄関先である岩船港。
今年も「みなとフェスティバル」が7月16日(日)に開催されます。
今年は「夕日コンサート」から数えて30回目の節目の年です。
新たな企画もあり、昨年以上に盛り上がること間違いなしです。
岩船港緑地屋外劇場(ステージ)は、嵐の前の静けさといったところでしょうか。

by MAHALO

2017.06.04

フォークソング?

先日、ほでら先輩に「フォークを聞く会」を催していただいて、
だいだらぼっちさんと3人でフォークソングの定義について激論を交わしたせいか、
数年ぶりにファイト!パラノイアに罹患してしまいました。

ここで言うところのフォークソングは、
アコースティックギターの弾き語りがイメージしやすいのですが、
私的解釈では「自己の内面の率直な吐露=魂の声」の要素が重要です。

中島みゆきはデビュー前、拓郎の追っかけでした。
彼女の作った「ファイト!」を聞いた拓郎は
「俺にはこんな歌はもう作れない」と、自分の時代が去ったことを悟ったそうです。

私にとって「ファイト!」は、フォークソングのみならず
日本の楽曲のすべての中にあって
例えれば、宇宙を周る満天の星を従え
北天で孤高に輝く北極星の如き崇高な存在です。

拓郎、槇原、福山など多くのミュージシャンのカバーがYOU TUBEにアップされていて、
重篤なパラノイア病状の私はそれらを聴きまくっていますが、
その中の竹原ピストルに撃たれてしまいました。

加川良は、フォークシンガーと呼ばれることを心底嫌っていました。
でも私にとっては現役最高のフォークシンガー「魂の声」でした。
4月に良さんが突然他界して、心にぽっかり穴が開いたようでしたが
これからは竹原ピストルが私の聞く魂の声になりそうです。

  ♪ファイト! 戦う君の歌を 戦わない奴らが笑うだろう
   ファイト! 冷たい水の中を ふるえながらのぼっていけ

by 転がる石

 

 

余談…

スランプに陥った拓郎は、中島みゆきに曲作りを依頼しました。
彼女が拓郎に書いた曲は「永遠の嘘をついてくれ」
中島みゆきがマイヒーローに捧げた曲です。

二人は一時期、恋仲だったという噂があります。
間違いなく根も葉もないゴシップです。
でも、そんなことがあったとしてもいいじゃないかという歳になっています。

2006年9月、つま恋の拓郎&かぐや姫コンサートにシークレットゲストで
中島みゆきが登場して「永遠の嘘をついてくれ」をデュエットしました。

  ♪君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでも種明かしをしないでくれ
   永遠の嘘をついてくれ なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ

何もかもあからさまにしなければ気が済まないようなヒステリックなマスコミは、
人間の情緒を壊す罪を犯しているように思えてなりません。
種明かしをしないことが「愛」ということのほうが多い気がします。

« Previous | Next »