« | »

2019.08.09.

鎮魂の月

 

お盆のご挨拶にお寺さんに行った。

うちのお寺の奥様は気さくな美人でいい人だ。

 

ついでに回忌の確認。

カミさんの七回忌はわかっていたが、もう一つ百回忌があたっていた。

「俗名トモ」さんだ。

 

30年以上前、うちがまだ上町で営業していた頃、

たぶん軽い認知症になっていた わたごんのお婆さんが時々うちの店に来て

「おともさ、いだがい」と尋ねた。

「いねよ」と答えると

「いーや、どご行ったろ」と言いながら帰っていった。

 

たぶんトモさんは十ぐらいで亡くなったのだろう。

わたごんのお婆さんとは幼馴染だったに違いない。

100年以上前の少女たちは、どんな話しをしてどんな夢を描いていたのだろう?

 

お盆を迎える。

母は毎年変わらないお盆の飾りに気を揉んでいる。

せんべいだとかお団子だとか柳箸だとか、そういうしきたりを私は知らない。

お盆やお彼岸に限らず、できるだけ思ってあげることが

供養になると私は思っている。

 

七夕の十二灯流しがあって、広島の日があって、長崎の日があって、お盆を迎えて、

終戦の日があって、8月は鎮魂の月だ。

 

わたごんのお婆さんはいいことをしてくれた。

おかげで私は見たことも無いトモさんのことを思っている。

少しだけ功徳を積ませてもらっている。

 

by 転がる石

 

トラックバック URL

コメント

わたごんさん?わたぬきさん?

コメントする?





This blog is kept spam free by WP-SpamFree.