2017.07.02

岩船の特産品プレゼントキャンペーン終了


今回の《岩船の特産品プレゼントキャンペーン》に、たくさんのご応募ありがとうございました。
プレゼントは正解者の中から厳正なる抽選を行い、発送いたします。
こちらの発送をもって、ご当選者の発表に代えさせていただきます。

正解はコチラ。

2017.07.21

うばだけ

この暑さで何もかくことが浮かばないでいて、
なんかないかと冷蔵庫を開けたらありました。
一般的には「あみたけ」というらしいですけど、
ここら辺では「うばだけ」だったと思います。
「いぐち」という人もいたかもしれません。

お幕場にいっぱいあって、
小学校の頃、キノコ採りがうまい友達とよく採りに行きました。
松林のウバダケは、枯れた松葉がたくさんくっついていて、
洗うのも大変でした。
味噌汁が大変うまいです。煮ると茶色のキノコが紫色になるんだよね。
今はなかなかキノコ採りにいけないので、
道の駅などに行った時に買いだめしてとっておきます^^;

お幕場には、ハリダケというのもあって、
灰色の針のようなキノコでした。
小学生が適当に採ってきたキノコを
祖母が面倒がらずによく炊き込みご飯にしてくれました。
うまくてうまくてムシャムシャ食べたものです。

今、お幕場にはどれだけのキノコが出るのでしょうか。
誰かツアーを企画してください。
懐かしいあの日に帰りたい人がたくさん参加しそうです。

by マイケル

2017.07.20

「IWFN」 Tシャツ作りました

このたび「IWFN」Tシャツ(はんそでしゃっつ)を製作しました

みなとフェスティバルで販売しましたのでご存じの方も多いと思います

お買い上げいただきました皆様たいへんありがとうございました

このTシャツには青春を過ごした中学校時代の想いがこもってます

泥にまみれ汗を流し、グラウンドを走りまわったあの日。
大声を出して応援歌を歌った日。
先生にたまに怒られ、仲間に励まされた日。

その青春時代の「IWFN」を現代風にアレンジかつアメリカンカレッジ風に仕上げてます

 

大好評につき販売を継続しておりますので詳細はこちらへ。

岩船時間FBページ

「IWFN」Tシャツを着て岩船を盛り上げましょう!

by CEO

2017.07.19

梅仕事

梅酒作りを始めて5年ですが、梅干し作りには手を出すことのなかった私。
なんとなく梅干しはハードルが高く感じ、成功させる自信がない。
カビらせる自信だけはある!
なので梅干しだけは買うに限る、なんて思っていた矢先
思いがけず沢山の梅を頂きました。
亀田の特産、藤五郎梅15キロ。
早速梅酒やシロップを仕込みました。 

せっかくの藤五郎梅。
ここはひとつ、梅干し作りにもチャレンジ!
梅酒は青梅で仕込みますが、梅干しは黄色く熟した梅を使います。
まだ青く硬い梅を台所の隅で追熟させておくと(放っておいただけですが^^;;)
数日後なんともいい香りが漂ってきました。
熟した梅がこんなに良い香りがするなんて初めて知りました。
教えてもらったレシピにそって塩漬けし二週間。
しっかり梅酢も上がり、あとは天日干しです。
梅干は夏の季語となっています。
梅を干す季節ということで定まった季語のようですが、梅仕事はまさに季節を感じられる手仕事だと思います。
子供たちにも日本の四季を楽しむ体験をしてもらいたい!

…そういう建前で来年からは子供たちにも手伝ってもらうことにしよう(笑)

梅干し作りはこれからが肝心!

天気予報とにらめっこし、晴天が続く日を見計らって天日干しにかかります。
今年の秋は新米のお供に手作り梅干!!となるかな?(^^)

楽しみです。

byモノポール

2017.07.18

中学生下越大会 ソフトテニス!

7月5.6日(水木)に中体連の下越大会が行われました。

家の真ん中のチビは、団体3位、個人3位となんとか県大会に出場することが

出来ます。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末の、22日(土)団体戦、23日(日)個人戦です。

村上を代表して頑張ってきたいと思います。

 

応援宜しくお願いします。

by 柔庭球

2017.07.17

次のイベント

みなとフェスティバルにかかわった皆さま方、雨風の中、大変お疲れ様でした。

焼きそばをお買い求めくださった方々、ありがとうございました。

 

もうすぐ子供達の夏休みが始まります。
7月31日は町内子供会のバーベキュー大会です。
今年は幹事補佐役なのでバーベキュー・花火・スイカ割りなどなど、親子でいっぱい楽しめるように色々と考えているところです。
去年は天気が悪く公民館の中でのお楽しみ会でした。
それはそれでとても楽しかったのですが、
今年は権現様で出来ますように。
絶対晴れますように。ヽ(´▽`)/
byぐづ鉄会社の社長さん

お疲れ様でしたー

みなとフェスティバル終わりました。

企画、運営、準備、後片付け等

スタッフの皆さん お疲れ様でしたー。

来年は、スカッと 晴れますように!

焼きそばを 買ってくれた 皆さん

ありがとうございました!

 

投稿遅れてすみませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

byミルマス・はな

2017.07.15

願ってばかりです

明日は、みなとフェス。

気持ちの良い風が吹き、お天気も良く、人出も良く、盛況な、一日でありますこと、願います。

 

BY・カスタネット

2017.07.14

暑い

毎日暑い日が続いています。

今年は猛暑との予想でしたが、

予報通りになりそうです。

熱中症には気をつけましょう。

 

 

 

 

 

ショートショート

2017.07.13

4ダム走破!

いよいよ今週16日(日)に「みなとフェスティバル」が開催されます!

16日はくもりの予報が出ております。炎天下の中やるよりは曇り空ぐらいのほうが丁度良いのではないでしょうか。

 

さて、私は先週の炎天下の中4ダム走破してきました!

自転車の先輩F山さんから羽越水害復興50年記念の限定ダムカードが胎内川・内の倉・加治川治水ダムでもらえるよー!と聞いて、一日走破を実行しました。

関川道の駅「ゆ~む」をスタート&ゴールにして、大石ダムを加えて大石→胎内川→内の倉→加治川治水ダムから更に三川駅に立ち寄り、道の駅「阿賀の里」で昼食を摂り帰ってきました。

↓走ってきたルート確認できますよー!

https://www.relive.cc/view/g12736024167

朝7時過ぎ「ゆ~む」をスタート!

大石ダムへは朝8時前に到着   金俣から持倉の峠を越えて胎内へ    持倉の坂は今シーズン初。厳しい坂がつづきます。

星座館、胎内ホテルを過ぎて、胎内スキー場を横目に見ながら胎内川ダムへ

胎内川ダムへの道のりがどのダムへ行くよりも一番長い・・・胎内川ダムで1枚目の羽越水害復興記念ダムカードをゲット!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

290号に出て菅谷のコンビニで休憩    菅谷から二王子方面に入り内の倉ダムへ。記念ダムカード2枚目ゲット!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内の倉ダムから加治川治水ダムへ。加治川治水ダムへ到着したのは正午前。3枚目の記念ダムカードゲット!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから三川駅へ向かい、駅で小休止。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道の駅「阿賀の里」へ着いたのは午後1時過ぎ。昼食休憩。ラーメン屋で水を何度も何度もおかわり。ラーメン屋のお母さんありがとうございました。

帰りは向かい風と横風でなかなか進まず、昼間の暑さと路面の照り返しでどんどん体力を奪われていく・・・

途中、2か所ほど休憩してゴールのゆ~むに着いたのは午後4時過ぎごろ。達成感よりも疲労のほうが大きくてすぐに温泉へ。ゆっくり温泉に入り疲れと汗を流してきました

今シーズン最長の186㎞。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲットした羽越水害復興50年記念ダムカード!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊に遭遇すること無く、ケガ無く、パンク無く、メカトラブル無く無事に帰ってこれて良かった良かった!

by 坂バカ

2017.07.12

いつかはみなとフェスティバルで

今年もみなとフェスティバルが近づいて参りましたが・・・
その前に、先日あるイベントに出席してきました。
それは、岩船でも有名な似顔絵師のやまだみつるさんが主催した「夜会」です。
こちら、新潟県内を本拠地にして活動しているアーティストさんの展示会。
うまく説明出来ないので写真をご覧ください。

上の写真は伊丹ひろこさんのカービング作品。
下の写真は、やまだみつるさんのお弟子さんのちほガハクの似顔絵。
いつか、こんな方々がみなとフェスティバルに参加してくれないかな~なんて思いながら作品拝見してました。

そして、もう一人。
車椅子の遊書家・松村マコトくん。
彼は車椅子に筆を取り付け字を書くパフォーマンスをする唯一無二の存在。
この日は・・・

ゲストで登場した元・巨人の加藤健さんの名前を書きあげたのでした。
いつかはこのパフォーマンスもみなとフェスティバルで皆さんに見てもらいたいと思ったのでした。

by回転エビ固め

Next »